ドコモhome5GはWiFi6に対応している?設定方法や必要な機材はある?

ドコモhome5GはWiFi6に対応しているのか?

気になっている人も多いですよね。

先に結論から言うとドコモhome5GはWiFi6に対応しています。

WiFi6を利用するにあたり、本体以外に必要なものはありません。

しかも本体の電源を入れれば、設定不要でWiFi6を利用することができます。

なので、安心してくださいね。

WiFi6にも対応!
ドコモhome5Gの申し込みはこちら

ドコモhome5GはWiFi6に対応してる?本体の仕様をチェック!

こちらはドコモの公式サイトに掲載れているドコモhome5Gの仕様です。

表の赤字部分だけ見てください。WiFi6に対応しています。

ドコモhome5G(HR01)仕様
通信 5G:受信時最大4.2Gbps/送信時最大218Mbps
4G:受信時最大1.7Gbps/送信時最大131.3Mbps
サイズ 約170(H)×約95(W)×約95(D)mm
重量 約720g
無線LAN規格/最大伝送速度(規格値) IEEE802.11a/54Mbps
IEEE802.11b/11Mbps
IEEE802.11g/54Mbps
IEEE802.11n(Wi-Fi 4)/300Mbps
IEEE802.11ac(Wi-Fi 5)/867Mbps
IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)/1201Mbps
2.4GHz帯/5GHz帯対応
有線LAN IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
同時接続台数 65台(Wi-Fi:64台/有線LAN:1台)
かんたん接続機能 WPS、QRコード接続
電源 100-120V、50/60Hz
消費電力 22W(最大)
本体付属品 ACアダプタ、LANケーブル(試供品)
連続通信時間(5G/PREMIUM 4G/LTE) ―(専用ACアダプタ駆動)
WORLD WING
USBテザリング

(参考:https://www.nttdocomo.co.jp/home_5g/router/)

必要機材と設定

本体以外に必要な機材はありません。また、WiFi6用の設定もありません。本体の電源をいれれば自動的にWiFi6が利用できます。

WiFi6にも対応!
ドコモhome5Gの申し込みはこちら

WiFi6とはなにか。何がよくなるのか?

複数人で同時にネットをつかっても遅くなりにくい

WiFi6の1番の特徴は、複数台の端末を同時に接続しても遅くなりにくいことです。

今使っているネット回線で、家族同時に接続するとネットが遅くなることはありませんか?

たとえば、テレワーク中に子供がゲームをしたり、夜に家族同時にスマホをいじっていたり。

複数台同時に接続すると、どうしてもネットが遅くなりがちですよね。

でもWiFi6であれば、同時に複数人(台)でネットをつかっても遅くなりにくいです。

世界的な通信機器のメーカーである「バッファロー社」でも、WiFi6について次のように説明しています。

 「Wi-Fi 6(11ax)」には、「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」という技術が採用されており、多台数の機器が同時にWi-Fiにつながっている状態でも、通信の順番待ちが発生しないので、快適にWi-Fiを利用できます。

eスポーツに代表されるネットワークゲーム環境にも効果を発揮します。

引用:バッファロー公式サイト

もうネットの同時接続で、ストレスを感じることはなくなります!

通信速度が速くなり、ネットがつながりやすい

シンプルにWiFi6になると通信速度が速くなります。

具体的に言うとWiFi5よりもWiFi6のほうが1.4倍もネットが速くなります。

これにより、8K、4Kのフルハイビジョン番組がサクサクみれるようになったり、写真データのアップロード、アプリの更新が速くなったり。

ネットが快適になり、待ち時間やストレスがだいぶなくなります。

ドコモhome5Gならではの特徴もある

ビームウォーミング

ドコモhome5Gの公式サイトで、WiFi6といっしょに、おすすめされているビームウォーミング方式。

これ、なにかというと本体からスマホやPCなどの端末まで電波を届けやすくするものです。

電波って、壁や床に阻まれて、すこし弱くなることがあるんです。

しかしビームウォーミング方式のおかげで、壁や床、端っこの部屋でも電波がつながりやすくなります。

戸建てやファミリーマンションであっても、どの部屋、どの階にいてもネットが使いやすくなります。

お風呂場でスマホを見る人には最適!入浴しながら高画質の映画もさくさく見れちゃいます(長湯には注意です笑)

同時接続台数

ドコモhome5Gの同時接続台数は、64台。

ポケットWiFiは5台前後、光回線は8〜10台程度なので、かなり多い台数です。

なにげにスマホ、PC、タブレット以外でも、プリンターやらIot家電(冷蔵庫やルンバ)など、WiFiに接続する機械は意外と多いです。

これから発売される家電もWiFi接続が手中になるので、同時接続台数が多めにしておくのは重要です。

ドコモhome5Gで、WiFi6を利用するにあたっての注意点

ドコモhome5GはWiFi6に対応しています。

しかし、端末のほうもWiFi6に対応していないと、活用することができません。

ではどの製品がWiFi6に対応しているか。

基本的に2019年以降につくられた製品であれば大丈夫ですが、それ以前だと対応していないケースが多いです。

iPhoneであれば12以降からWiFi6対応です。

だったらまだWiFi5でいいや。WiFi6に対応する家電が増えたらでいいや。

そう思ってしまいそうですが、上記の通り、WiFi6が使えなくとも、ドコモhome5Gが通信速度が速くて、電波が壁・床を通り抜けやすいのは間違いないです。

また、これから購入する(買い換える)パソコン、TV、スマホ、タブレット、Iot家電はいずれもWiFi6に対応しています。

せっかく電気製品を新しくしても、ネットが遅かったら宝の持ち腐れ・・・

先にドコモhome5Gでネット環境をWiFi6にして、新しい製品を買ったらどんどん便利に、ネットが速くなっていくようにしましょう!

自宅のネット環境を最新のWiFi6へ
ドコモhome5Gの申し込みはこちら

ドコモhome5Gの本体購入からWiFi6の利用まで

ドコモhome5Gの一番お得な購入方法はキャペーンサイトです。

今なら新規契約特典で現金15,000円キャッシュバックです。

キャッシュバックがもらえる購入方法から、本体を受け取ってWiFi6を使うまでの流れは以下の通りです。

  1. ドコモhome5Gキャンペーンサイトで申し込む

  2. 受付スタッフから折り返し電話(口頭でキャッシュバックの申請)

  3. 3〜1ヶ月で本体を受け取り

  4. 本体をコンセントに挿せばインターネット開通(WiFi6利用開始)

    ※本体受け取りの翌々月末に15,000円が現金で振り込まれます。

こんな感じです。

本体を電源コンセントにいれればOK。スターターキットに電源コンセント(アダプター)が入っています。

光回線のような細かい設定、ケーブルの接続など一切不要で、ネット(WiFi6)に接続することができます。

キャンペーン詳細・申し込みへ

まとめ:ドコモhome5GでWiFi6を使いこなそう!

繰り返しになりますが、ドコモhome5GはWiFi6に対応しています。本体をコンセントにさせばすぐ使えます。

なので、安心して購入してくださいね!

ドコモhome5Gは、2021年8月の発売当初から注目・人気が集まり、どこで申し込んでも予約待ちの状態です。

店舗ではだいたい2週間以上、ネットでは1ヶ月程度です。

店舗の特典はdポイント5,000ptですが、ネットから申し込めば現金15,000円がもらえます。

2、3週間待てる人は、キャッシュバックをもらってお得に利用してくださいね!

キャッシュバックの詳細
申し込みはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました