【保存版】ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換え方法と注意点を徹底解説

2021年7月、当サイト管理人はソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換えました!

そこで、ソフトバンク光から楽天ひかりへの乗り換えの流れ、申し込み方法や開通までの期間、さらには初期設定まで詳しく解説していこうと思います。

乗り換えを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

全体をシンプルにまとめるとこんな感じです。

  1. ソフトバンクから事業者変更承諾番号をもらう

  2. 楽天ひかりの公式サイトで申し込みフォームを記入

  3. 翌々日、開通予定日の案内メールが来る

  4. 3週間程度で開通、利用開始(工事不要)

3分で申し込みフォームは記入できます。あとは3週間ほど待てば楽天ひかりが利用できます!

ぼくはあまり機械やネットに詳しくありませんが、特に難しいことはありませんでした。誰でも簡単に乗り換えれるので安心してくださいね!

それでは順番に解説していきます!

ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換える流れ

①ソフトバンク光から事業者変更承諾番号をもらう

ソフトバンク光から他社の光回線に乗り換えをするときはソフトバンクから事業者変更承諾番号を発行してもらいます。

この番号はいわば、身分証やマイナンバーのようなものです。光回線の乗り換えや契約をするときに必要なもの、くらいに考えておけばOKです。

事業者変更承諾番号はソフトバンクのカスタマーセンターに問い合わせると発行してもらえます。

ソフトバンク光カスタマーセンター

電話番号:0800-111-2009
※ 受付時間:午前10時~午後7時(通話料無料)

電話の翌日に、ショートメールで事業者変更承諾番号が送られてきます。(Fからはじまる11桁の番号です)

下の画像が、実際に送られてきたメールと事業者変更承諾番号です。

【保存版】ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換え方法と注意点を徹底解説
ポイント

事業者変更承諾番号の発行は、解約と同じ意味になります。

ソフトバンクに連絡するときも、解約窓口で承諾番号を発行してもらいます。

承諾番号の発行依頼をした時点で解約処理はできているので、あらためて解約の連絡をする必要はありません

楽天ひかりの開通後に、ソフトバンク光のルーター(BB光ユニット)とアダプターを返却してくださいね。

【保存版】ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換え方法と注意点を徹底解説

②楽天ひかりの公式サイトで申し込みフォームに記入する

楽天ひかりは店舗(楽天モバイルショップ)とネットで申し込みをすることができます。

店舗とネットの違いは、申し込み用紙にペンで記入するか、公式サイトで申し込みフォームを記入するかだけです。

しかし、ぶっちゃけた話、店舗は申し込みはおすすめできません。

店舗の予約をして、来店行くのは時間もかかるし面倒ですよね。細かい説明を聞くのはつらいし、無駄なオプションの勧誘をうけるのもわずらわしいです。

【保存版】ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換え方法と注意点を徹底解説

公式サイトで申し込みフォームを記入してください。

自宅にいたまま、スマホでサクッと3分で申し込めます。

3分で申し込み完了!

③申し込みの翌々日、開通予定日の案内メールが来る

申し込みが終わると、その2、3日後に楽天ひかりの開通予定日の案内メールがきます。

切り替え作業はだいたい3週間程度です。

ちなみにぼくは混雑時期に申し込んだので1ヶ月かかりました。(6/15日申し込み、7/10日開通)

いつから楽天ひかりでネットが使えるのかがわかるのでとても助かりました!

待っている間に市販のWiFiルーターを購入する

ソフトバンク光では多くの人が専用ルーター(BB光ユニット)を月額500円でレンタルしていると思います。

楽天ひかりではルーターの貸し出しをしていません。事前に自身で購入する必要があります。

注意点としては、楽天ひかりに対応したルーターを購入する必要があります。

楽天ひかり対応ルーターはこちらに掲載されています。

この中で初期設定が不要なものが簡単です。ちなみにぼくは「BUFFALO WSR-1166DHPL2」を購入しました。

値段は楽天ショップで5,800円。3LDKのマンションや2階建ての戸建てにも対応しているので、家族で使うにもぴったり。

【保存版】ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換え方法と注意点を徹底解説

安くて高性能なので、よくわからない人にはこれを選べば間違いありません。

ポイント

ソフトバンク光では、年間6,000円を支払ってWiFiルーターを借りていましたが、楽天ひかりでははじめに5,800円のWiFiルーターを購入すればそれでOK!毎月のレンタル代も浮くのでありがたいです!

③3週間程度で開通工事が完了し、利用開始

ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換えるときは、開通工事はありません。

NTT内部のシステムの切り替え作業はありますが、自宅に作業員が来るような開通工事は不要です。

画像引用:楽天ひかり公式サイト” target=”_blank” rel=”noreferrer noopener”>楽天ひかり公式サイトより抜粋

切り替え作業が完了すると、ショートメールで完了通知が届きます。

それが届いたら楽天ひかりの利用開始です!(ここで一旦終了!お疲れ様でした!)

【保存版】ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換え方法と注意点を徹底解説
ポイント

楽天ひかりには、開通工事専門のカスタマーセンターがあります。

わからないことや心配があればいつでも問い合わせできます。(意外にもすぐつながります!

自由テキスト” target=”_blank”>楽天ひかり工事受付センター
TEL 0120-987-899
営業時間 10:00〜21:00
※年中無休

おまけ:楽天ひかりの初期設定

実はソフトバンク光を解約するときに、カスタマーサポートからこんなことを言われました。

楽天ひかりは開通工事のあと、利用者が初期設定するのが難しいです。

結局開通できなくて、ソフトバンク光にもどって来られるお客様も多いので、乗り換えはおすすめできません。

このソフトバンクのカスタマーの忠告は無視してください。楽天ひかりの初期設定はぶっちゃけ簡単です。

初心者のぼくでも、ものの数分でできたので、難しく考える必要はありません。

初期設定の流れは以下の通りです。

① モデム(NTTのONU)の電源を切る
② モデムとWiFiルーターを接続する
③ モデムとWiFiルーターの電源を入れる
④ パソコンやスマホのWiFiをオンにする
⑤ WiFiルーターの箱に入っているIDとパスワードを入力する

【保存版】ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換え方法と注意点を徹底解説

基本的にはこの流れでWiFiにつながります。

つまずく人が多いのは、難しいのは「ソフトバンク光時代に使っていた市販のルーターを使おうとするから」です。

楽天ひかりに対応したWiFiルーターと、そうでないルーターがあります。

調べるのも大変なので、楽天ひかりに乗り換えるときは、こちらのページに掲載されているWiFiルーターの中から安めのものを購入して、それを使えば問題ありません。

(ぼくは上で紹介したバッファローのWSR-1166DHPL2を購入しました。安くて高性能。接続も簡単なのでおすすめです!)

ソフトバンク光から楽天ひかりの乗り換えまとめ

ソフトバンク光から楽天ひかりの乗り換えは意外に簡単でした!

基本的には乗り換えと同時に、ソフトバンク光は解約され、楽天ひかりの利用開始となります。なので、ネットが使えない期間もないので、とてもスムーズに乗り換えれました!

ソフトバンクの頃は月額4,300円(戸建てなら5,300円)でしたが、楽天ひかりは月額1,800円(戸建てなら2,800円)。いずれにしても年間で30,000円も安くなります

もしあなたが楽天モバイルのユーザーだったり、これから楽天モバイルにしようと思っているなら、キャンペーンが適用されて1年目は月額無料です!

かなりお得なキャンペーンなので、絶対に開催期間中に乗り換えしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました