楽天ひかりへの転用でONUは交換する?ルーターはレンタルできる?開通までの準備をまるっと解説!

楽天ひかりへの転用でONUは交換する?ルーターはレンタルできる?開通までの準備をまるっと解説! 楽天ひかり

楽天ひかりに乗り換えるとき、ONUとルーターはどうすればいいか、疑問に感じている人も多いですよね。

先に結論から言うと、楽天ひかりに乗り換えるとき

■ONUはそのままでOK。設定変更も不要
■ルーターは新たに購入。初期設定が必要

です。

今、自宅にあるONUはそのまま使います。設定不要なので考えなくてOKです。

ルーターについては楽天ひかり用にあらたに購入してください。

初期設定は公式サイトをみたり、カスタマーサポートに聞けば誰でもかんたんです。

申し込み後、開通までのあいだにWiFiルーターを買って準備してくださいね!

▶︎ONUはそのままでOK!今すぐ楽天ひかりを申し込む!

楽天ひかりへの転用時、ONUはどうするのか?

今現在、光回線を使っていて、楽天ひかりに乗り換えるとき、ONUは現状のまま使い続けます。

再設定は不要です。

僕自身、ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換えをしましたが、ONUはそのまんま使っています。一切いじっていません。

ONUを交換・購入することはありません。設定も不要で、そのまま継続して利用します。

なので、ONUについては考えなくて大丈夫です。

楽天ひかりへの転用でONUは交換する?ルーターはレンタルできる?開通までの準備をまるっと解説!

僕の場合は、ソフトバンク光からの乗り換えでしたが、以下の光回線からの乗り換えであれば、ONUはそのままでOKです。

ドコモ光、ソフトバンク光、So-net光プラス、@nifty光、DTI光、AsahiNet光、BIGLOBE光、@TCOM光、OCN光、U-NEXT光、IIJmioひかり、hi-ho光、楽天ひかりなど

※J:COM光、auひかり、NURO光については、フレッツ光ではなく独自回線を使っているので光コラボではありません。

ONUがそのままでいい理由は?

シンプルに言うと、楽天ひかりが光コラボの一種だからです。

ではそもそもコラボ光とはなにか?

光コラボとはNTTフレッツ光の光回線をつかい、各業者が独自のサービスを取り入れたインターネットサービスのことです。

主な光コラボは、ドコモ光、ソフトバンク光、ビックローブ光、So-net光、@nifty光などが有名です。楽天ひかりも光コラボの一つです。

光コラボでは必ず、フレッツ光の光回線を使うので、NTTの通信機器であるONUを自宅に設置します。

乗り換え先が光コラボである場合は、同じONUを使い続けます。

なので、他社の光コラボから楽天ひかりへ乗り換えるときは、ONUはそのまま使い続けるというわけです。

※auひかり、J:COM光は独自回線を使っているので光コラボではありません。楽天ひかりへは乗り換ええ(転用)ではなく、新規契約をし、NTTの開通工事をする必要があります。

業者(プロバイダー)が変わるからONUの設定を変える必要があるのか?と疑問に思う人もいますよね。

これに関してはNTTがシステム上で変更してくれるので、あなたがONUを設定する必要はありません

▶︎ONUはそのままでOK!今すぐ楽天ひかりを申し込む!

楽天ひかりへの転用時、ルーターはどうするのか?

ONUはそのままでいいことはわかりましたよね。

しかし、WiFiルーターはどうでしょう?

(ONUからLANケーブルを使い、有線接続だけでいい、と言う人は飛ばしてください)

現在、自宅で使っているWiFiルーターは、自分で購入したルーターと、プロバイダーからレンタルしたルーターの2種類があると思います。

それぞれで準備が異なります。

ルーターをレンタルしている人

レンタルルーターの人は、今のネット回線の解約後にルーターを返却しないといけません。

しかし、楽天ひかりではルーターのレンタルがないので、WiFiルーターを購入することになります。

ルーターを持っている(購入した)人

すでに自宅にルーターがある人は、楽天ひかりに乗り換えるときはルーターの再設定が必要になります。

楽天ひかりでは「クロスパス」に対応したルーターである必要があります。

手元のルーターがクロスパスに対応していないときは新たに購入することになります。

クロスパスに対応しているかについては、パッケージや説明書を見ても書いていないことが多いです。

メーカーに直接問い合わせる必要があります。

楽天ひかりに対応したルーターってなに?

楽天ひかりでは「クロスパス」に対応したルーターを使用します。

楽天ひかりへの転用でONUは交換する?ルーターはレンタルできる?開通までの準備をまるっと解説!

クロスパスを一言でいうと、超高速インターネットiPv6に対応しているということです。

iPv6はネットが混雑する夜の時間帯でもつながりやすく、ネットが快適です。

クロスパスに対応したルーターは楽天ひかりの公式サイトに掲載されています。

➡︎楽天ひかり対応ルーターはこちら

ただ、楽天ひかり対応のルーターは何十種類もあって選びきれないと思います。

僕自身、楽天ひかりの利用者ですが、ルーター選びにはとても苦労しました。

なので、これから購入する人向けに、おすすめルーターを紹介します!

僕の一押しは、バッファローの「BUFFALO WSR-1166DHPL2」です。2階建の戸建てでも、家全体に電波がとどきやすいし、4人家族で同時にWiFi接続しても大丈夫です。

さらに値段が5,000円と最安です。

楽天ひかりへの転用でONUは交換する?ルーターはレンタルできる?開通までの準備をまるっと解説!

楽天ひかりの初期設定は難しいの?

実際に楽天ひかりの申し込みを行うと、システム側で切り替え工事がおこなわれます。

ざっくり1ヶ月程度かかります。

切り替え工事がおわったら、メールがきます。

ここから利用者がONUとルーターの初期設定を行います。

初期設定については、開通日の前に楽天ひかりから「インターネット接続ガイド」が届くので、それを見れば簡単につなぐことができます。

楽天ひかりへの転用でONUは交換する?ルーターはレンタルできる?開通までの準備をまるっと解説!

みやすい図解なので初心者の人でもかんたんに設定できます。

同じ内容が楽天ひかりの公式サイトにも載っているのでスマホでマニュアルをみながら設定することもできます。

つながらなかったときはカスタマーサポートが手伝ってくれます。

■楽天ブロードバンドカスタマーセンター
電話番号:0800-600-0222
受付時間:9:00〜18:00

ONUとルーターのまとめ

✔︎ ONUは楽天ひかりでもそのまま使い続ける
✔︎ ONUの返却、再設定などは不要
✔︎ WiFiルーターのレンタルがない
✔︎ WiFiルーターをする必要がある
✔︎ WiFiルーターはクロスパスに対応したもの
✔︎ 初期設定は楽天ひかりの公式サイトに掲載されている
✔︎ 初期設定が難しいときはカスタマーサポートに聞ける

▶︎今すぐ楽天ひかりを申し込む!

まとめ:楽天ひかりの開通までのおさらい

楽天ひかりへ乗り換えをするとき、ONUとルーターについては理解できたでしょうか。

これを踏まえた、乗り換えの手順は以下の通りです。

  1. 今のネット回線を解約。事業者変更承諾番号を発行する

  2. 楽天ひかり公式サイトで申し込む

  3. 折り返し電話がある(申し込み内容の確認、開通日のお知らせ)
    ※開通までざっくり1ヶ月程度

  4. 楽天ひかり用のルーターを購入する

  5. 楽天ひかりの工事、初期設定をして利用開始

  6. 解約したネット回線のレンタル品を返却する

楽天ひかりに乗り換えた感想

僕自身、楽天ひかりに乗り換えてみた感想をすこしだけ。

正直言って、ネットのつながりやすさは前の光回線(ソフトバンク光)と同じぐらいです。

乗り換えたとしてもNTTフレッツ光の光回線を使うことには変わりないので、高速インターネットが使えています。

ただ、

毎月6,000円かかっていた通信費が、乗り換えてから無料になりました。

乗り換えただけで年間5万円(戸建てプランなら6万円)の節約になるので、とても満足です!

通信費をおさえて、節約を考えているなら楽天ひかりは最高です。

1年間基本料金が無料!

コメント

タイトルとURLをコピーしました