ドコモhome5Gが故障したとき、壊したときはどうなる?補償、修理費用・期間など徹底解説

ドコモhome5Gが故障したとき、壊したときはどうなる?補償、修理費用・期間など徹底解説 docomohome5g

もし、ドコモhome5Gが初期不良(不良品)だったらどうなるのか?

もし、ドコモhome5Gをあやまって壊してしまったらどうなるのか?

心配している人も多いですよね。

僕自身、購入直前に気になるポイントだったのでカスタマーサポートに詳しく聞いてみました。

故障についてシンプルにまとめるとこんな感じです。

home5G 初期不良・故障まとめ

◆ 初期不良→本体交換(無料)

◆ 自然故障→本体交換(無料)

◆ 破損・水濡れ→本体交換(最大28,600円)

※補償オプションに加入していれば最大3,300円

基本的に壊れたら本体交換になります。

初期不良や1年目の自然故障は無償で機種交換してくれます。

あやまって水をかけてしまったり、落としてしまい壊れたときも、本体交換となります。(修理ではなく交換です)

壊したときは、故障の程度にもよりますが最大で修理費28,600円がかかります。

補償オプションに入っていれば最大3,300円で済みます。

補償オプション「ケータイ補償サービス」は月額550円ですが、今なら初回31日間は無料です(利用開始から数えて31日間です)

心配であれば、とりあえず加入しておいて、様子を見て解約するのが安心です。

ドコモhome5Gが故障したときの流れ、費用、期間

ドコモhome5Gが壊れたときの手順は以下の通りです。

かんたにいうと、本体が壊れたときは交換機(home5Gのリフレッシュ品※新古品)を受け取り、それを使っていくことになります。

修理するのではなく、新古品を受け取ります。新古品は2、3日後にとどきます。

管理人
管理人

壊れたら修理するのではなく、新古品に交換してもらうだけです。

修理代は状態によっても異なりますが、

ケータイ補償サービスに加入しているなら最大3,300円、加入していないなら最大28,600円になります。

  1. 故障センターに問い合わせる

  2. 壊れていると判断された場合、交換機を受け取る

  3. ドコモあてに故障した本体を送る

  4. 修理代(見積もりを受け取る)

  5. 修理代を支払う(交換機を利用し続ける)

以下、くわしく説明します。

1)故障センターに問い合わせる

故障したとおもったらまずインフォメーションセンターに連絡して、すぐに直せるものかどうかを判断してもらいます。

■ドコモインフォメーションセンター
ドコモの携帯電話から:局番なしの『151』
一般電話などから:0120-800-000
(受付時間 午前 9:00 ~ 午後 8:00)

本体にランプが3つ付いていて、ランプの色味でどこに故障原因があるか判断できます。

これをみて、SIMカードの入れ直し、位置情報のエラー、設定操作でかんたんになおることがあります。

すぐに復旧しないとき、本体修理となります。

2)壊れていると判断された場合

インフォメーションセンターの担当者と話してすぐ解決できなかったときは、本体を修理することになります。

電話をした2、3日後に、本体のリフレッシュ品、故障受付表、故障した機器の返送キットが自宅に届きます。

故障した本体からSIMカードをぬいてリフレッシュ品にいれればすぐにネットが使えます。

■リフレッシュ品とは:
故障した商品を修理したものをリフレッシュ品といいます。ほぼ新品状態のものです。

3)ドコモあてに故障した本体を送る

リフレッシュ品といっしょに返送キットが届きます。

故障した本体を返送キットに入れて送り返します。宛先はキットに書いてあります。

4)修理代(見積もりを受け取る)

本体を返送したあと、専門スタッフが故障箇所をチェックして修理します。

チェックした段階で修理代を算出して、利用者に請求します。

5)修理代を支払う(交換機を利用し続ける)

ドコモから修理代の請求書が届きます。

基本的には、毎月の支払いから引き落とすことになります。

わざわざ銀行で振り込んだり、店舗に支払いにいく必要はありません。

管理人
管理人

簡潔に言うと、本体が壊れたらリフレッシュ品と交換してもらい、かわりに故障した本体をドコモに渡す、ということです。

初期不良の場合

本体が不良品だったときは、無償でリフレッシュ品と交換してくれます。リフレッシュ品とは、故障した本体を修理したリフレッシュ品です。

故障、修理でよくある質問

ドコモhome5Gの修理代はいくら?

壊れたらリフレッシュ品と交換してもらい、利用していく。

ただし、壊れた(壊してしまった)本体の修理費は利用者負担となります。

壊れた本体をドコモに送ってから、専門スタッフがチェックして修理代を算出します。

その修理代金が利用者に請求されます。

修理の内容によって金額はわかりますが、ケータイ補償に入っている人は、最大で3,300円、入っていない人は最大で28,600円を支払います

ドコモhome5Gの修理期間はどのくらい?

修理期間、修理代の確定までの期間は、混雑具合によってもかわるらしく、長いときは1ヶ月ぐらいかかるそうです。

ただ、修理するときは必ず交換機(新古品)がもらえるので、ネットは使い続けられます

交換機種(リフレッシュ品)のレンタル代はかかるか?

故障したときにドコモから送られてくる交換機種では、レンタル代は不要です。

壊れたら機種交換、と考えてOKです。

ただし、壊れた本体の修理費は後日支払います

自然故障だった場合はどうなるのか?

本体を落としたり、水に濡れてないのにつながらない…

原因もなくつかえなくなってしまったら自然故障です。

本体の購入から1年以内の自然故障は、すべて無償でリフレッシュ品と交換になります。

※リフレッシュ品とは:初期不良品や故障品などを修理した製品になります。ほとんど新品同様の品です。

このときは本体をドコモに郵送し、自然故障であることを判断してもらい、問題なければ無料でリフレッシュ品と交換、という流れになります。

自然故障とは、水濡れ、破損がない状態の故障です。

ドコモhome5Gの本体の「ケータイ補償サービス」とは?

ドコモでは「ケータイ補償サービス」というオプションサービスがあります。

もともとスマホのオプションサービスですが、ドコモhome5Gでも加入することができます。

ちなみに今現在、ドコモのスマホを使っていて「ケータイ放題サービス」に加入している人もいると思いますが、ドコモhome5Gでも別途、加入する必要があります

ケータイ補償サービスを簡単にいうと修理代・製品交換が格安もしくは無料になるサービスです。

月額550円で加入することができます。

■ケータイ補償サービス概要
内容
故障してしまった機種を、
ドコモで修理する場合の修理代金のサポート。
メーカーによる保証期間1年間に加え、
2年目以降も修理受付終了までドコモが保証。
修理代金 上限3,300円まで
補償年数 加入していれば2年目以降も保証
月額 550円

加入しておけば壊してしまっても無料交換。修理を負担することになっても最大3,300円までです。

なので入っておけば安心して使うことができます。

ただ、月額550円と聞くと、加入するかどうか迷う人も少なくないですよね。

でも安心してください。

今なら「ケータイ補償サービス」は初回31日間は無料です。

※本体を受け取ってから31日間なので、いつ申し込んでも31日間フルに使えます。

また、31日以内であれば解約することができます。ドコモショップやマイドコモで簡単に解約できます。

管理人
管理人

僕自身、31日間無料なので、とりあえず加入しました!

ドコモhome5Gが壊れたとき・初期不良のときのまとめ

このページのポイントをまとめると以下の通りです。

まとめ

✔︎ 初期不良(不良品)の場合は、本体を交換
✔︎ まずは電話で相談し、故障内容の確認(その場ですぐ治ることもある)
✔︎ 電話で故障と判断されたら、交換機種を送ってくれ
✔︎ 故障した本体をおくり、後日修理費を支払う
✔︎ 修理費は最大28,600円(補償オプションに加入していれば最大3,300円)
✔︎ 補償オプションは「ケータイ補償サービス」は月額550円。ただし、初回31日間は無料

ケータイ補償サービスについては一つだけ注意点があります。

ケータイ補償サービスは利用開始後から14日間以内でないと加入できません。

故障が心配でも、うかうかしていると加入できなくなる危険があります。

この注意点も考えると、

初回無料なのでとりあえず加入して、様子を見て解約するのが一番安心です。

これから加入する人で、故障が心配な人はぜひ加入してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました