WEB面接で回線は止まらないか不安。話しづらくない理想の通信環境を解説します!

WEB面接で回線は止まらないか不安。話しづらくない理想の通信環境を解説します! コラム

2020年の採用面接では、コロナウイルスの影響もあり、WEB面接を取り入れる企業が増えました。

実際、NHKの調査結果によると、およそ9割の企業が「WEB面接をした」と回答したそうです。

ただ、これから面接を受ける人にとっては、いろいろ不安もありますよね。

まず身なりや話し方などは従来の面接とおおきく変わりませんが、WEB面接では「回線・電波」を使いますよ。

電波が悪くてネットが遅い…なんてことになったら、会話もしにくいです。

志望動機や自己PRを伝えたり、面接官の質問に答えるにくくなるし。

通信制限にかかって面接自体ができなくなる恐れも…。

回線のせいで落とされてはたまったもんじゃありませんよね。

今回は、そのような不安もなくなる理想の通信環境について解説していきます!

記事では

  1. WEB面接の普及状況、実施した感想
  2. WEB面接に必要なネット(回線)環境
  3. それに合わせた快適なネット回線の紹介

上のような順番で解説していきます。

必要なところだけ飛ばし読みしていただいてOKです!

WEB面接の普及状況、やってみた感想

9割の企業がWEB面接を実施

2020年に関してはコロナウイルスの影響もあって、就活の仕方が様変わりし、「WEB面接(オンライン面接)」が増加・普及したと報道されています。(2020年6月現在)

2020年は9割以上の企業がWEB面接をしたという調査結果もあるんだよ!最終面接までWEBなんだって!

NHKのニュースでも実際に報道されていました。

WEB面接で回線は止まらないか不安。話しづらくない理想の通信環境を解説します!
引用:NHK

NHKの調査結果によると「国内の大手企業を対象にアンケートを行った結果、9割の企業がウェブでの面接を実施すると答え、このうち4割がウェブ面接のみで内定を出すと回答」したそうです。(引用:NHKオンライン 2020年6月1日

コロナウイルスで外出が自粛されたり、3密への配慮があって、爆発的にWEB(オンライン)面接が増えたんだね!

東洋経済新聞でもリクルートキャリア・就職みらい研究所平野所長が「2021年以降もWEB面接は続く」と答えているなど、就活でWEB面接がもっと広がって行きそう!

WEB面接の流れ

実はWEB面接と言っても本来は大きく2種類あるんです。

  1. 自己PRや与えられた課題の答えを録画して、応募するもの
  2. 面談や面接をオンライン上で行うもの

1は新しい選考として2、3年前から始まっているんです。2020年か増えているのは2の「WEB(オンライン)面接」のことですね!

WEB面接を受けた、これから受ける就活生の悩み

リクルートキャリア・就職みらい研究所が行った調査によると、これからWEB面接をする人、WEB面接を受けた人も全く同じ不安を抱えていんです。

悪い意味で不安が的中してしまったパターンですね・・・それは何か?

WEB面接についての不安(リクルート調べ)
WEB面接で回線は止まらないか不安。話しづらくない理想の通信環境を解説します!
  1. 自分の話が伝わるか
  2. 通信環境
  3. 視線、カメラやマイクなどのマナー

(引用:リクルートキャリア・就職みらい研究所資料)

Yahoo知恵袋より「WEB面接の悩み」
  • 1回WEB面接をしたが通信が不安てだった。選考に影響したらどうしよう…
  • 無線LANを使用したら少しラグが出た。途中で通信切断などのトラブルがあった
  • 集団面接で自分だけネットが遅くて会話に入れなかった
  • 画面がフリーズして音が途切れて、再起動してもダメ…面接が延期になった

圧倒的にコミュニケーションに関する不安か大きかったんですよ!

コミュニケーションの不安には大きく分けて2種類あって、一つはマナー的な部分。WEB面接だと目線のやり場や背景、ON/OFFのタイミングなど、対面とは違ったマナーが求められる場合もあるんだね。

もう一つは「通信環境=ネットの安定性」なんだ。これがかなり深刻で、企業側もすごく気をつけているし、就活生でも困っている人でもわからない・困っている人が多いんだね。

マナーについては、「WEB面接 マナー」でぐぐると死ぬほど出てくるので笑 このページではインターネットメディアとして「通信環境」について全力で解説していきます!

「自分の話が伝わるか不安」っていう人がたくさんいるんだけど、電波が安定し、ビデオ通話で快適に話せれば自分をしっかりアピールできはず!ぜひ参考にしてみてください!

WEB面接に必要なネット(回線)環境

WEB面接で回線は止まらないか不安。話しづらくない理想の通信環境を解説します!

WEB面接では主にビデオ通話のアプリやブラウザを活用します。簡単に言うとテレビ電話のような感じ。

「ZOOM」「Skype」「Googleハングアウト」の人気が高いです。

結論から言えば「ZOOM」「Skype」「Googleハングアウト」を十分に使える環境があれば問題ないわけです。

それぞれのツールの公式サイトで「推奨インターネット環境」が紹介されています。

簡単に言うと「最低このぐらいの通信速度が必要」と言う目安です。

ZOOMSkypeGoogleハングアウトの公式サイト参照。

  ZOOM Skype Googleハングアウト
1対1で通話 1.2Mbps 1.5Mbps 2.6Mbps
3人で通話 1.5Mbps 2Mbps 3.2Mbps
5人で通話 1.5Mbps 4Mbps 3.2Mbps
7人以上 1.5Mbps 8Mbps 3.2Mbps

ここではシンプルに

5Mpbs以上の通信ができればWEB面接は大丈夫!と覚えてくださいね。

試しに自宅の固定回線、ポケットWiFiの通信速度は下の通りです。表を見てもわかりますが、余裕で5Mbpsを超えています。

ちなみにポケットWiFiは基本的に「スマホの電波」を使っています。なのでスマホも同等の通信速度が出ていると考えてOKです。

  置き型ポケットWiFi 固定回線
9:52 67.2Mpbs 54.5Mbps
10:15 31.7Mpbs 55.2Mpbs
11:35 53.6Mpbs 55.2Mpbs
14:45 44.2Mpbs 49.9Mpbs
18:27 62.1Mpbs 17.1Mpbs
22:38 5.66Mpbs 53.5Mpbs

ビデオ通話のデータ(パケット)使用量

ZOOMなどのビデオ通話のデータ使用量は、1時間の目安として500MBぐらいです。

Facebookのメッセンジャーも使いましたが、1時間話して500MBを超えることはありませんでした。

これだけだとわかりづらいですよね?例えばるなら、

スマホで安いプランの場合は月のデータ容量が3GBですが、

それでも6時間以上は話せます。

WEB面接も安心・快適なネット回線の紹介

快適な回線・通信環境を説明する前に、インターネットの接続方法を解説します。主な方法を以下の4つです。

  1. フリーWiFiスポットを使う
    学校やスタバなどにある無料のインターネット
  2. スマホのテザリングを使う
    スマホのオプションプラン
  3. ポケットWiFiを使う
    WiMAX、ソフトバンクエアー (置き型)
  4. 固定回線を使う
    ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光など

先に結論から言うと、どの方法でもWEB面接はできます。

なぜならWEB面接に必要な通信速度5Mbps以上が出るからです。

基本的にはどの方法でもZOOM、Skype、Googleハングアウトはできます。

ただし、電波の安定感についてはそれぞれ異なります。

時間帯・利用する場所によって、ネットにつながりにくくなりWEB面接がやりづらくなるケースがあります。

フリーWiFiスポット

  • メリット
    • 無料
    • データ容量無制限
  • デメリット
    • 使える店と使えない店がある
    • 通信速度が遅い
    • 混雑時に電波が不安定になる
    • プライバシーやセキュリティも危険

メリットはなんと言っても無料、であること!しかも通信量の制限もありません。

ただ、無料である分、デメリットも多くあります。

まず通信速度はあまり速くありません。

その上、施設が混雑し、WiFiの接続人数も増えてしまうと、回線も混雑してネットにつながりにくくなることがあります。

また、全員一つの同じ回線に接続するため、プライベートなデータをのぞき見られる危険もあります。例えばSNSのアカウントなど…。

ネット代無料で済むけど、その分回線は不安定…。それに面接しているところを他の人にみられるのも抵抗がある人もいますよね。

ポイント

どうしても無料で済ませたい。内定の目処が立っているような場合はいいかもしれません。しかし、安定した回線とは言えず、危険もあるためオススメできません。

スマホのテザリングを使う

  • メリット
    • 安い
    • 外出先でも使える
    • 通信速度も速く、安定している
  • デメリット
    • パケット代がかかる
    • スマホの充電が減りやすい
    • スマホの端末に負担がかかる(バッテリーの劣化も心配)

まずスマホのテザリング、と言われても知らない方もいますよね。

超シンプルに言うと「スマホをポケットWiFiとして使う」ってことです。下の写真のようなイメージです。

WEB面接で回線は止まらないか不安。話しづらくない理想の通信環境を解説します!

利用するには「スマホのテザリングオプション」に加入する必要がありますが、500円前後(プランによっては無料)で使えます。

就活の時期だけオプションに加入して、終わり次第解除すると割安で済みますよね。

外出先でもポケットWiFi感覚で手軽に使えるし、スマホと同等の通信速度が出るので比較的ネットも快適です。

デメリットはとにかく電池の減りが速い!

テザリングはスマホ本体にも負荷がかかるので、電池がガンガン減っていきます。

WEB面接の途中でスマホの電池が切れて、一時中断…なんてことにならないよう要注意です。

また、格安SIMを使っている人や日頃からスマホでゲームやどうがを見る人は、残りのパケットにも注意する必要があります。

WEB面接中に通信制限にひっかかるといきなり会話が整理具しなくなるかも・・・。

この他、電池の消費が激しくなるとバッテリーの劣化にもつながります。

ポイント

フリーWiFiスポット同様、内定の目処が立っているなど短期利用で済みそうな場合はいいと思います。しかし、3ヶ月、半年ぐらいを目処に就活を続けていくならオススメできません。

ポケットWiFi

WEB面接で回線は止まらないか不安。話しづらくない理想の通信環境を解説します!
WiMAX2+(私物、自宅にて撮影)
  • メリット
    • 安い
    • 工事不要、すぐ使える
    • 持ち運びできる
  • デメリット
    • 回線が不安定でつながりにくいことがある
    • 通信制限がある
    • 通信障害になるケースも

コロナ渦で爆発的に利用者が増えたのがポケットWiFiです。

メリットは「すぐに使えること」です。

自宅に固定回線(光回線)を引く場合は開通工事を行わねばなりませんし、工事まで1ヶ月以上待たされることもあり、ネットを使えるようになるまで時間がかかります。

ポケットWiFiなら申し込みをして早ければ3日前後で端末が到着します。しかも電源を入れればすぐに使えるので、とても便利!

通常24,000円する開通工事もないので、初期費用も事務手数料3,000円だけです。

また基本料金も、固定回線は4〜5,000円ですが、ポケットWiFiなら3〜4,000円と安いです。

➡︎即日発送のお手軽ポケットWiFi

デメリットは、電波が不安定になる時間帯があることです。

そもそもポケットWiFiはスマホと同じ回線を使っています。

今ではほぼ全国民スマホを持っていますよね。しかも、常時接続し、特に夜間は長時間スマホを眺めている人も多いです。

このため、スマホの利用者が増える時間帯は、ポケットWiFiでもネットがつながりにくくなるわけです。

ただ、WEB面接は基本的に夕方には終わることが多いので、夜8時以降までならそこまで気にする必要もないかもしれません。

速度以上に要注意なのは通信制限です。人気のWiMAXでは3日で10GBまでと言った制限があり、それを超えるとネットがノロノロ遅くなります。

例えば動画やオンラインゲームなどを1日3、4時間見るような人は危険です。

WEB面接の前の日などは動画を見ない、などルールを決めておく必要があります。

ポイント

申し込みから3〜1週間で本体を入手できる!しかも電源を入れればすぐWiFiが使えるので非常に手軽でオススメできます。

ただし、3日で10GBまでの通信制限があるので、WEB面接の前の日は動画を見ないなどの注意が必要。

➡︎一番お得なポケットWiFiの詳細へ

固定回線

WEB面接で回線は止まらないか不安。話しづらくない理想の通信環境を解説します!
完了イメージ:わが家のソフトバンク光機材
  • メリット
    • 電波が安定している
    • 通信速度が速い
    • 複数人・複数端末で接続できる
  • デメリット
    • 開通まで時間がかかる
    • 初期費用が高い
    • 月額が高い

メリットはなんと言っても通信速度が速くて安定しているところ!

最近では「iPv6」「v6」と言った超高速インターネット通信ができるようになり、常に爆速です。

我が家ではソフトバンク光 を活用していますが、ネットが遅いと困ることはほぼありません。

また、スマホで動画を流しながら、ノートパソコンで作業したり、複数代を接続しても問題なくネットが利用できます。

毎日長時間、NetflixやAmazonプライムなどを高画質で見たり、オンラインゲームをする人は固定回線なら間違いありません。

WEB面接も快適ですし、念のため有線(LANケーブル)でネットに接続すれば、電波も安定し、最強です。

ただし、デメリットは開通工事が必要なので、時間と費用がかかることです。

まず時間に関しては、開通工事はNTTの作業員が一軒一軒行っているため、申し込みから1ヶ月近く待たされる場合もあります。

なので、WEB面接が迫っている場合、急ぎで必要な場合はポケットWiFiの方が安心。

工事費用に関しては24,000円〜40,000円(建物やプロバイダーによって異なる)で、

月額も4〜5,000円ほどかかります。

ただ、これまでは固定回線は高いと言われてきましたが、最近では一人暮らし用の格安固定回線や、スマホのセット割がある固定回線など節約方法も増えてきました。

選び方さえ分かっていれば、ポケットWiFiと同じくらいの費用で利用できます。

ポイント

申し込みから開通まで1ヶ月近くかかるので、WEB面接日がせまっている場合はポケットWiFiが安心です。

ただ、時間に余裕があって、ストレスなくネットが使いたい(特に動画やゲームが好きな人)なら絶対に固定回線!最近では格安のプロバイダーで節約もできるのでオススメです。

✅ 工事費・ルーターレンタル費込みで月額2,080円!一人暮らし向けの格安ネット!
➡︎So-net光プラスの公式サイトへ

まとめ

このページのポイントは以下の通りです。

  • 2020年6月NHK調べによると、WEB面接を行った企業は9割
  • WEB面接で心配なのは「1位 話が伝わるか」と「2位 通信環境」
  • WEB面接ではZOOM、Skype、Googleハングアウトなどのツールを使う。
    5Mpbs以上の通信速度が維持できれば快適
  • ネットに接続するには4つの方法がある。フリーWiFiスポット、スマホのテザリング、ポケットWiFi、固定回線
  • 急ぎで必要、手軽に利用したいならポケットWiFi
  • まだWEB面接まで時間がある、長時間ネットを使っているなら固定回線(光回線)

個人的には、固定回線がオススメです。

なぜなら、リモートワークが増えているので、会社に入ってからもっと自宅でネットを使う時間が増えそうだから。

最近では工事費込みで月額2,000円で利用できる固定回線も出てきたので、これを機に取り入れてみるのもオススメ!

\最安の固定回線/

コメント

タイトルとURLをコピーしました