賃貸でモジュラージャック(電話線)しかないときのネット利用方法とは?開通までの流れを解説

自宅の賃貸マンションにはモジュラージャック(電話線)しかないけど、どうやってインターネットを使えばいいの?

こんな疑問を持っている人もいますよね。

ネットが使えるのか心配しているかもしれませんが、大丈夫です!

モジュラージャック・電話線しかなくても、インターネット回線(光回線)は利用できますよ!

管理人
管理人

僕自身、賃貸マンション、室内にモジュラージャックのみで、光回線を利用しているので間違いありません。

賃貸物件で光コンセントがないときの光回線開通までの流れと注意点
※自宅にて撮影:モジュラージャック(電話線)のみのネット設備

なので安心してくださいね。

インターネットの開通までにやることは2つです。

光回線開通までの流れ
  1. 光回線のキャンペーンサイトで申し込みをする
  2. 受付スタッフから折り返し電話があり工事日程を決める
  3. 作業員が自宅に来て、開通工事をする
  4. WiFiルーターを設定をしてインターネット利用開始

▶︎お得なキャンペーンはこちら

これで光コンセントがない賃貸物件でも光回線でインターネットが使えます。

開通工事が心配な人もいるかもしれませんが、

光回線の開通工事は想像以上にかんたんです。

工事の準備はとくにありません。開通「工事」といっても穴を開けるようなことはなく、ネットを使うための機械(ONU)を設置するだけの軽作業です。

以下、光コンセントがない賃貸物件で光回線を利用するまでの流れを解説していきます。

▶︎お得なキャンペーンはこちら

光コンセントなしの賃貸マンションで光回線が開通できる理由

繰り返しになります、光コンセントがなくても開通工事をすれば光回線が利用できます。

【光コンセントがあるとき】
光コンセントとONU(モデム)とWiFiルーターを接続

【光コンセントがないとき】
電話線(モジュラージャック)とONU(モデム)と WiFiルーターを接続

電話線(モジュラージャック)を使って、インターネットを接続した様子が以下の写真です⬇︎

賃貸物件で光コンセントがないときの光回線開通までの流れと注意点

▶︎お得なキャンペーンはこちら

光コンセントなしの賃貸マンションで光回線を開通するまでの流れ

光コンセントがない賃貸物件で、光回線が使えるようになるまでの流れを説明します。

ざっくり言うとプロバイダーを決め、申し込みをしてから工事当日まで3週間~1ヶ月です。

  1. 光回線の会社(プロバイダー)を決める

  2. プロバイダーに契約の申し込みをする(お得なキャンペーンを活用

  3. 開通工事を行う

  4. 配線と初期設定を行い、インターネット利用開始

こんな感じです。それぞれくわしく説明します。

ステップ1:光回線の会社(プロバイダー)を決める

当然かもしれませんが、光回線を使うにはスマホと同じように毎月基本料金を支払います。

具体的には、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりのようないわゆるプロバイダーと契約して基本料金を払います。

▶︎お得なキャンペーンはこちら

ステップ2:プロバイダーに契約の申し込みをし、工事日を決める

契約先のプロバイダーを決めたら申し込みをします。

申し込みは店舗でもネットでもできますが、おすすめはネット申し込みです。

なぜならネット申し込みの方が特典(キャッシュバック)が多いからです。

店舗は人件費や家賃がありますが、ネットにはこういう経費がないためその分特典を豪華にできるんです。

申し込み方法もかんたんです。

申し込みフォームに住所、氏名、電話番号、支払い方法などを入力するだけで5分もあれば完了します。

ネット申し込みをすると、すぐに受付スタッフから電話がきます。そこで開通までの流れを聞き、工事日を確定します。都合が良い日に調整してくれます。

▶︎お得なキャンペーンはこちら

ステップ3:開通工事を行う

賃貸マンションでの開通工事の内容は二つ(屋内工事・屋外工事)で、所要時間は30分程度です。

・屋内工事
自宅の電話線のそばにONU(モデム)を設置し、初期設定を済ませる(15分程度)

・屋外工事
エントランスなどの共有部にある配線版(MDF)での作業(5分程度)

管理人
管理人

作業員が一人で来て、屋内・屋外工事をあわせて30分以内にパパっと終わらせてくれます。

屋内工事では、すでに部屋についているモジュラージャック(電話線)を活用するので、穴をあけるような工事はしません。

屋外工事では、開通工事の当日までに賃貸契約をした不動産屋さんに「ネットの工事をします」と一言伝えておきましょう。

なぜなら賃貸マンションによっては、エントランスの配線版にロックがかかっていることがあるからです。事前に鍵を開けてもらわないといけないケースもあります。

不動産屋さんも光回線の開通工事は知っているので、工事連絡しても「はい、そうですか」で終わります。

管理人
管理人

あり得ないとは思いますが、不動産屋さんへの連絡で万が一、光回線の工事を断られたときは、無料キャンセルができます。工事ができなければ一切お金はかかりません

ステップ4:配線と初期設定を行い、インターネット利用開始

いよいよ最後のステップです。(ここはかんたんです!)

① ONU(モデム)とWiFiルーターをLANケーブルでつなぐ
② パソコンかスマホを開き、設定ページでWiFiルーターのパスワードを入力する

ONUとWiFiルーターにはLANケーブルの差し込み口が1箇所しかないので、配線で迷うことはありません。すぐ終わります。

設定WEBページとパスワードはWiFiルーターの説明書に書いてあります。すぐ見つかるので安心してくださいね。

光回線の選び方とお得な情報を見る

ここで光回線を選ぶときに絶対外せない2つのポイントと、光回線別の一番お得なキャンペーンを紹介します!

1)スマホの割引がある光回線を選ぶ

スマホの割引が適用される光回線を選んでください。スマホ代が1,000円安くなり、年間で12,000円も節約することができます。

ドコモならドコモ光、ソフトバンクやY!mobileならソフトバンク光、auやUQmobileならビックローブ光です。

(auひかりは独自のネットサービスです。auひかりの詳細はこちら です)

2)お得なキャンペーンを選ぶ

光回線の申し込み方法は、大きく分けて店舗とネットがあります。

申し込みフォームを、店舗に行って記入するか、自宅で記入するかの違いだけ。

申し込みフォームも個人情報や支払い方法を記入するだけです。かんたんな手続きなのでわざわざ店舗に行く必要はありません。

また同じ申し込みでも、店舗とネットでは特典がまったく違います。

店舗で家電を買うよりも、Amazonで買った方がお得なように、

光回線でも店舗よりネット申し込みの方が断然お得です。

管理人
管理人

店舗はテナントの家賃やスタッフの人件費がかかりますが、ネットならそういう経費が少ない分、特典を豪華にできるんです。

光回線別のお得な申し込み窓口は以下の通りです。

まめ知識:通信速度の違い

光回線選びのとき、通信速度(ネットのつながりやすさ)を気にする人もいますよね。結論から言うとどの光回線と契約しても、ネットの速度はほとんど変わりません

なぜならどこの光回線もNTTの光ファイバーケーブルを使うサービスだからです。

契約・支払先が違うだけでどこでも同じと考えてください。

(そもそも光回線は、通信速度が速いので心配無用)

光回線各社別・お得なキャンペーン一覧

ソフトバンク光キャンペーン 
🔺審査が気になる人に最適!

  • 37,000円キャッシュバック(条件なし)
  • 最短開通の2ヶ月後に現金振り込み
  • 他社回線やポケットWiFiからの乗り換えは違約金返金(最大10万円)
  • ソフトバンクスマホ1台1,100円割引Y!mobileスマホ1台550円~770円割引
  • 初期設定サポートあり(カスタマーサポート担当)

ドコモ光キャンペーン
🔺ドコモ光最大キャッシュバック!

  • 42,000円キャッシュバック(条件なし)
  • 工事費実質無料
  • dポイント2,000pt獲得
  • WiFiルーター無料レンタル・ドコモスマホとセット割あり、1台1,100円割引
  • 初期設定サポートあり(カスタマーサポート担当)

auひかりキャンペーン
🔺auひかり最大キャッシュバック!

  • 最大66,000円キャッシュバック
  • 初期費用(工事費)実質無料
  • 他社からの乗り換え25,000円補填
  • auスマホとセット割あり(auスマートバリュー適用)、1台1,100円割引
  • 初期設定サポートあり(カスタマーサポート担当)

NURO光キャンペーン
🔺NURO光キャンペーン最大特典

  • 45,000円のキャッシュバック(条件不要)
  • 最短5ヶ月後振込
  • 他社からの乗り換え最大20,000円補填
  • 工事費は44,000円実質無料(初期費用が安い)
  • 月額5,200円・SoftBankスマホとセット割(1台1,100円)
  • 初期設定サポートあり(カスタマーサポート担当)

楽天ひかり1年無料キャンペーン
🔺楽天ユーザー最安値!

  • 楽天モバイルの利用者なら
    1年間基本料金が無料(申請不要)
  • 楽天ポイント2倍にアップ
  • 初期設定サポートあり(カスタマーサポート担当)

まとめ:賃貸マンションで光コンセントがないときの光回線開通の流れ

このページのポイントをまとめると以下の3つです。

① 賃貸マンションで光コンセントがなくても光回線は利用できる。ただし開通工事が必要
② 光回線の申し込みをすると、開通工事ができる(準備、手配は受付スタッフが進めてくれる)
③ 契約先の光回線はスマホ合わせ+キャンペーンを活用してお得に申し込む
④ 開通工事は屋内工事・屋外工事の2種類がある。両方合わせて30分以内に終わる軽作業

上の通り、光コンセントがない賃貸マンションでも光回線は利用できるので安心してくださいね。

ただし、開通工事が必要になります。

開通工事の費用は16,500円(ソフトバンクだけ26,400円)です。

キャンペーンサイトを経由して申し込みをすることでキャッシュバックがもらえるので、実質無料で開通させることができます。

管理人
管理人

工事費よりもキャッシュバックの方が高額です!絶対にキャンペーンを活用してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました