楽天ひかりの転用では開通日はいつ?空白期間はどのぐらい?

他社回線から楽天ひかりに転用(乗り換え)する直前、開通までどのくらいの期間がかかるのか、ネットが使えない空白期間はあるのかって、心配している人も多いですよね。

ぼく自身、毎日自宅でネットを使っているから気になるポイントだったので、楽天ひかりのカスタマーサポートに確認してみました。

開通までの期間は、何日に申し込むかによって開通日は変わるそうです。詳しくは以下の通りです。

毎月26日〜5日に申し込み
➡︎翌月1日開通

毎月6日〜15日に申し込み
➡︎翌月10日開通(ぼくはここ)

毎月16日〜25日に申し込み
➡︎翌月20日開通

ちなみにネットが使えない期間はありません

切り替え工事の完了と同時に、旧回線が解約され、楽天ひかりが利用開始となります。

ぼく自身、乗り換えのときはネットはずっと使えていたので間違いありません。

不自由することはないので、安心して申し込んでくださいね!

➡︎楽天ひかり公式サイトへ戻る

楽天ひかりの転用のとき、開通日はいつ?

楽天ひかりの公式サイトによると、転用(乗り換え)の場合、申し込みから開通日までの期間が決まっています。

楽天ひかりの転用では開通日はいつ?空白期間はどのぐらい?

・毎月5日までの申込分   ⇒ 翌月1日開通工事

・毎月15日までの申込分 ⇒ 翌月10日開通工事

・毎月25日までの申込分 ⇒ 翌月20日開通工事

楽天ひかり公式サイトより引用)

ぼくもこのルール通りで、6/14に申し込みをして、7/10に開通しました。

転用の場合、開通をこれよりも早めることができません。

➡︎楽天ひかり公式サイトへ戻る

ぼくが楽天ひかりに乗り換えた時の記録

ぼく自身はソフトバンク光から楽天ひかりへ乗り換えました。

具体的には、6月14日に申し込みをして、翌月の7月10日に開通しました。

7月9日まではソフトバンク光が使えていて、7月10日に切り替えが完了してすぐに楽天ひかりが使えました。なので、空白期間はありませんでした。

楽天ひかりの転用では開通日はいつ?空白期間はどのぐらい?

前の回線を解約したら、楽天ひかりの工事が終わるまでの期間はネットが使えない、なんてことはありません。

旧回線の最後の月の利用料は?

旧回線の最後の月の使用料は「日割り計算」になります。ぼくの場合は、ソフトバンク光hじゃ月額5,300円で7/9まで使っていました。日割りにすると1,584円です。

使った分だけ支払うので損することはありません。月末に申し込もう、解約しようなど悩む必要はないので安心してくださいね!

➡︎楽天ひかりの申し込みへ戻る

転用工事のポイント

基本的に、ドコモ光、ソフトバンク光、楽天ひかりなどの回線は「コラボ光」と呼ばれています。どの回線でも、結局NTT回線です。受付・支払いの窓口が違うだけです。

すべてNTTの回線を使っているので、ネットのつながりやすさはどこも同じです!

たとえるなら高速道路がNTT、料金所が各会社(ドコモ、ソフトバンク、楽天)のようなものです。

転用の場合、NTTの回線はすでに開通しており、これまで使ってきたNTTの通信機器(ONU)もそのまま使い続けます。

NTT側のシステムで切り替え(例:ソフトバンク光→楽天ひかり)が行われます。

なので、あなたがやることは特にありません。

転用での切り替え工事の料金と支払方法

転用する場合、2,000円の工事費が発生します。

利用開始後、申し込みの際に登録するキャッシュカード・クレジットカードから自動で引き落とされます。

支払額や支払い方法については気になることはないので、工事費については忘れてOKです。

auひかりとJ:COMの人だけは新規工事が必要

ただし!auひかりとJ:COMの場合は要注意です。

auひかりとJ:COMは自社回線を使っており、NTTの回線ではありません。この場合、新しく自宅にNTT回線を引く開通工事が必要です。

auひかり・J:COMから楽天ひかりへ乗り換えの場合は新規工事・工事費の支払いが必要になります。

マンションなら15,000円(458円(最終月470円)×36回払い、戸建てなら18,000円(500円×36回払い)です。申し込みから開通までの期間は1ヶ月程度です。

➡︎楽天ひかりの新規工事の詳細を見る

楽天ひかりへの転用(乗り換え)の流れ

① 旧回線に問い合わせをして、解約・乗り換えすることを伝える。その際、事業者変更承諾番号を発行してもらう

② 楽天ひかりの申し込みをする

③ 翌日、開通予定日のお知らせメールが届く

④ 1週間程度で工事担当者から電話がくる

⑤ 工事完了・開通

以上です。

工事日の目安も上で記した通りです。

回線の切り替え工事は、NTTで勝手に進めてくれるので忘れてしまってOKです。

ただし、申し込み後から開通までに一つだけやることがあります。

WiFiルーターを購入する

楽天ひかりでは、WiFiルーターのレンタルを行っていません。

自宅で、スマホやPCをWiFi接続したい場合は、開通までに市販のルーターを購入しておきましょう。

ここで要注意!

WiFiルーターを購入する場合は、楽天ひかりに対応したものを購入してくださいね!

楽天ひかりの対応ルーターはこちらに書いてあります。

ただ、種類が多すぎるので選べないと思います。

そこでぼくのおすすめはバッファローのWSR-1166DHPL2です。

楽天ひかりの転用では開通日はいつ?空白期間はどのぐらい?

電波が強くて、戸建てや大型マンションにも対応しています。また端末も同時に12台まで接続できるので家族で同時に使っても問題なし!しかも5、6,000円で購入できるのでコスパもいい!

ぼくも使っていますが、初期設定が超簡単!商品に書いてあるID、パスワードを入力するだけで、すぐネットが使えました。しかもつながりやすい!

先に楽天ひかりの申し込みをして、切り替え工事を待っている間にサクッと購入しましょう。

楽天ひかりの転用について、開通日や空白期間などのまとめ

このページのポイントは以下の通りです。

転用のポイント

✔︎楽天ひかりに転用(乗り換え)する場合の開通までの期間は以下の通り
 毎月5日までの申込分   ⇒ 翌月1日開通工事
 毎月15日までの申込分 ⇒ 翌月10日開通工事
 毎月25日までの申込分 ⇒ 翌月20日開通工事

✔︎空白期間はない
 NTT側の切り替え工事が終わったら旧回線が解約され、楽天ひかりが使えるようになる

✔︎開通までにWiFiルーターを購入しておく
 おすすめはバッファローのWSR-1166DHPL2。初期設定不要で簡単。コスパもいい!

ちなみに楽天ひかりでは「乗り換え特典(キャッシュバック)」がありません。ここだけちょっと残念なところですが、、、

楽天ひかりの月額は、楽天モバイル利用者は1年無料(年間45,600円割引)、他社スマホの利用者は月額2,000円割引(年間24,000円割引)です。

2年目以降も月額3,800円(戸建ては4,800円)と格安です。

毎月ネットが安く使えるし、楽天ポイントもすぐたまるからお得に買い物もできます。ぼく自身、乗り換えして本当によかったと思っているので自信を持っておすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました